柔道整復師とは

柔道整復師は、日本古来の武道から派生した日本独自の民族医学に発祥します。柔術における活法(傷ついた者への治療法、手当て)の技術に、近代西洋医学の科学的な知識が取り入れられ、発展しました。外傷による骨や運動器、軟部組織(筋・腱・靱帯など)の損傷に対し、手術や薬ではなく独特の手技によって整復・固定・後療などを行い、人間のもつ自然治癒力を引き出し、手助けすることで治療します。  柔道整復師として活躍する場は、接骨院、整骨院での施術のみならず、整形外科医院などの医療機関での勤務、スポーツトレーナーとして現場でのケガの応急手当や予防指導、、また近年では機能訓練指導員として、福祉・介護の新しい分野で活躍しています。

柔道整復術

「柔道整復術」とは、運動器に加わる急性、亜急性の原因によって発生する各種損傷に対する治療技術のことであり、損傷に対して評価、整復、固定、後療(手技・運動・物理療法)、指導管理を行い、人間のもつ自然治癒力を生かした治療手技を行う。運動器とは、骨、関節、筋、腱、靭帯などを主体とした各組織のことであり、発生する組織損傷を一般には、骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲などと呼んでいる。