全国柔道整復学校協会とは

公益社団法人全国柔道整復学校協会の起源は、昭和31年に設立された「全国あん摩マッサ-ジ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復養成施設協会」にあります。昭和45年に柔道整復師法が単独法として制定されたのを契機に、「柔道整復学校協会」として上記の協会から独立しました。医学技術の目覚ましい進歩に伴い、柔道整復師の存在も重要な地位を確保することとなり、それに加え高齢化社会を背景とする柔道整復師の貢献度はより重視されるようになりました。この間、当協会の名称も幾つかの変遷を経て、昭和57年に「全国柔道整復学校協会」と変更されました。これら社会背景の推移に適合するために、柔道整復師の資質の向上が益々求められることになりました。柔道整復師業界と当協会は、共に資質の向上の目的のため従来の都道府県の資格試験を、国家試験、厚生大臣(現厚生労働大臣)免許にすべく努力し、昭和63年に柔道整復師法の改正が行われ、資質向上のための大きな一歩である国家試験、厚生大臣(現厚生労働大臣)免許となりました。入学資格も高等学校卒業以上となり、修業年限も3年以上となりました。これを機会に、学校協会も公益法人としての人格を得るべく会員全校一致協力して、「社団法人全国柔道整復学校協会」として平成4年7月1日に厚生大臣(現厚生労働大臣)の許可となり設立いたしました。また、公益法人制度の改革に伴い、平成24年4月1日付けでの公益社団法人への移行が認定され、公益社団法人全国柔道整復学校協会としての目的の遂行及び社会的要請等に応えるべく運営に邁進しています。