事業内容

沿革

公益社団法人全国柔道整復学校協会の起源は、昭和31年に設立された「全国あん摩マッサ-ジ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復養成施設協会」にあります。昭和45年に柔道整復師法が単独法として制定されたのを契機に、「柔道整復学校協会」として上記の協会から独立しました。医学技術の目覚ましい進歩に伴い、柔道整復師の存在も重要な地位を確保することとなり、それに加え高齢化社会を背景とする柔道整復師の貢献度はより重視されるようになりました。この間、当協会の名称も幾つかの変遷を経て、昭和57年に「全国柔道整復学校協会」と変更されました。これら社会背景の推移に適合するために、柔道整復師の資質の向上が益々求められることになりました。柔道整復師業界と当協会は、共に資質の向上の目的のため従来の都道府県の資格試験を、国家試験、厚生大臣(現厚生労働大臣)免許にすべく努力し、昭和63年に柔道整復師法の改正が行われ、資質向上のための大きな一歩である国家試験、厚生大臣(現厚生労働大臣)免許となりました。入学資格も高等学校卒業以上となり、修業年限も3年以上となりました。これを機会に、学校協会も公益法人としての人格を得るべく会員全校一致協力して、「社団法人全国柔道整復学校協会」として平成4年7月1日に厚生大臣(現厚生労働大臣)の許可となり設立いたしました。また、公益法人制度の改革に伴い、平成24年4月1日付けでの公益社団法人への移行が認定され、公益社団法人全国柔道整復学校協会としての目的の遂行及び社会的要請等に応えるべく運営に邁進しています。

目的

当学校協会は、医学・医療技術の進歩に対応した資質の高い柔道整復師養成の重要性に鑑み、柔道整復師の学校及び養成施設における教育水準の向上及び運営の改善並びに生徒の修学意欲及び資質の向上を図り、もって国民の保健衛生の向上に寄与することを目的にしています。

設立年月日

平成4年7月1日
平成24年4月1日 公益社団法人移行

会員

正会員
当学校協会の目的に賛同して入会した学校の設置者(設置者が法人であるときはその代表者)又は設置者から指定を受けたその学校の教職員1名。
賛助会員
この法人の事業を賛助するため入会した個人又は団体。
名誉会員
この法人に特に功労のあった者で理事会において推薦され、総会において承認された者。

事業内容

  • 柔道整復師の学校及び養成施設(以下「学校」という。)の教員の研修、養成その他資質の向上に関する事業
  • 柔道整復師を養成するための教育の内容及び方法等に関する調査研究事業
  • 学校における教科書、参考書等の教材の研究開発及び出版に関する事業
  • 学校運営改善に関する調査研究事業
  • 生徒の修学意欲及び資質の向上を図るための事業
  • その他当学校協会の目的を達成するために必要な事業

教育研修の開催

本研修会は柔道整復師養成施設等の教員又は教員資格所有者を対象として、研究発表セミナー等を行うことにより相互に研鑽し資質の向上を図るものであり毎年度実施している。

柔道大会の開催及び表彰

柔道整復師の基本理念である柔道の発展向上を期し、試合を通しての全国柔道整復養成施設の親和と協調を図り、国民の健康や体育増進に寄与することを目的に、在校生による各校対抗の柔道大会を毎年度実施し、入賞校等を表彰している。

優秀卒業生の表彰

優秀卒業生は、文武両道の精神を高揚し学術並びに技術の習得に精励した会員校の学生に対し、毎年度学校協会賞の「表彰盾」を贈呈して表彰している。

専科教員認定講習会の開催

本講習会は、柔道整復師養成施設指定規則に基づく厚生労働大臣の指定する講習会である。受講資格は、柔道整復師の免許を取得してから3年以上実務に従事した者である。

広報誌、リーフレット「柔道整復師の世界」の発行

広報誌については、季刊(年4回)で発行し、会員校はもとより、関係団体、行政機関等に配布し、柔道整復師について啓発している。
また、リーフレットについては、全国の高等学校及び短大、大学並びに全国の公共職業安定所に配布し、柔道整復師について啓発している。

学校運営改善等助成事業の実施

現在特別委員会として、助成事業検討等委員会が設置されており、学校運営改善等助成事業として、平成22年度は会員校に対し、教育設備・機器整備費、教員研修会発表のための研究費、広報活動費等に助成を実施し、さらに、平成23年度からは、全国の柔道整復師養成学校等を対象に教員研修会発表のための研究費の助成を開始している。