教員になるには

受講試験の概要

試験概要

柔道整復師専科教員としての資質を判断するために行う試験であり、適正、確実かつ公正に実施します。

※下記情報は、あくまでも予定のため変更の可能性があります。正式な情報は、3月頃に公表いたします。

受験資格

柔道整復師の免許を取得してから3カ年以上実務に従事した者とする。
免許証の登録日以降の実務経験が平成31年5月末日の時点で3年以上必要)

注)2020年より実務経験が5年になります。

受講試験日 平成31年5月12日(日曜日)10:00 〜11:00
試験会場 東京

決定次第、公表いたします。

大阪

決定次第、公表いたします。

申込書類 講習会実施要領・受講試験の申込書類(学校協会指定)は1部につき820円(82円切手を10枚)
申込み書類の請求についてはコチラをご覧ください。
切手は3月までにお送りください。
(電話、ファックスによる書類請求は受け付けておりません。)
願書提出 書留郵便で提出のこと(3月31日消印有効)
受験手数料 3,000円
振込期間 平成31年3月4日(月曜日)から3月29日(金曜日)まで
合否通知

学校協会のホームページにて発表

発表日は、5月14日(火曜日)昼12時の予定

(電話による問い合わせには応じておりません)

受講手続き 合格の通知を受けた受験者は指定期日までに受講料を振り込む。

※受講願書は受理して審査し、不備がある方には学校協会より電話連絡をします。
提出書類に不備のない方には受講試験票を平成31年4月17日(水曜日)に郵便で発送します。

試験内容

※下記情報は昨年の情報です。今年の情報は決定次第、お知らせいたします。

試験科目

試験科目 試験問題数 出題方式・時間
柔道整復学 30問

出題形式:四者択一

觧答方法:マークシート

解答時間:1時間

解剖学 10問
関係法規 10問

受講試験出題基準

柔道整復理論出題基準 教科書(柔道整復学理論編第5版)より出題
解剖学(運動学含む)出題基準 運動器系(総論・骨・筋)、内臓系(呼吸器系、消化器系)、脈管系、神経系
関係法規・倫理出題基準
  1. 1)教科書(関係法規最新版)
    1. ①柔道整復師法(総則・免許・業務・施術所・雑則・罰則等)
    2. ②医療法
    3. ③医療関係資格法規(医師法・保健師助産師看護師法・診療放射線技師法等)
  2. 2)医の倫理と生命倫理(バイオエシックス)
  3. 3)インフォームドコンセント
  4. 4)柔道整復師の業務倫理

申込

お申込み先は下記までお願いいたします。また、詳細なお申込み方法については、最新情報(3月頃)にて公表いたします。

申込先

〒105-0013 東京都港区浜松町1丁目6-2 丸神ビル1階

公益社団法人 全国柔道整復学校協会 講習会担当者宛

申込み書類の請求用紙は下記よりダウンロードしていただき、印刷してご利用ください。

申込書類の請求用紙

決定次第、公開いたします

ファイルの開けない方はファックスで用紙をお送りします。

お電話ください。(お問合せ先TEL03-5405-1690)

お問合せ先TEL 03-5405-1690

申込に関する注意事項

  1. 電話・FAXでのお申し込みは、受け付けておりません。
  2. 事務局にお越しいただいても、書類はお渡ししておりません。
  3. 受験倍率などの問合せには、お答えしておりません。
  4. 受講試験の過去問題集は、作成・販売しておりません。
  5. 願書は郵送等でご提出ください。事務局の窓口では受付けておりません。